ホンダのクロスロードの特徴は

MENU

ホンダのクロスロードの特徴は

クロスロード

ホンダのクロスロードは、ホンダがCR−Vに次ぐSUV部門に参入してきた自動車です。ホンダのクロスロードは、日本国内販売専用の車種でしたが実は、2代目ということです。いがいと知られていない情報ですが、初代は外国他社のOEM提供を受けて販売されていました。

 

クロカン四駆では有名で、いまだに人気のあるメーカーですが、他の国内自動車製造メーカーでもOEM提供を受けていました。2007年には2台目クロスロードとして、新型車がホンダ独自のスタイリッシュな外観で登場しました。CR−Vが上級グレードへと移行したために誕生しました。このクロスロードの特徴としては、3ナンバーの7人乗りであることです。

 

また、エンジンが1.8Lと2Lの2種類用意されていて、ユーザー自身が燃費やライフスタイルにあわせて選択できるようになっています。駆動についてもFFと4WDが設定されており、オフロードの走波性も兼ね揃えてあるのでその使い方はユーザー次第です。ホンダのデザインを残しつつ斬新なフロントマスクは、まさにホンダ車といった外観に仕上がっています。クロスロードの最大の特徴は、オンオフロード走行が楽しめて、家族や単身での使用も可能な使い勝手の良いSUV車に仕上がっていることです。

 

★要チェック!自動車保険を最安値で調べるにはコチラが参考になります!